RWS《リモートワークスタイル》”​

ウィズコロナのためのテレワークリフォーム

働き方改革してみませんか?

在宅勤務 在宅ワーク テレワーク

今年コロナウイルスが世界中に脅威をもたらして以来、私たちの生活様式は今までとは違う新しい暮らし方が求められています。

ウイルスを除去するではなく共存していかなくてはなりません。

そして仕事はもはや在宅で行うことが主流となりつつある昨今。

生活の中の延長線上にある"WORK"。

かつては『食寝分離』と呼ばれ"食事室"と"寝室"とを分けることが一般的だったが、デザイナーの山下泰樹さん(㈱DRAFT)が提唱された『食寝働分離』という"食事室""寝室"に加え"書斎"という新しい住宅様式が注目されています。

しかし現代の日本では生活と仕事を切り離し、仕事は職場でが基本的。

そのため自宅に書斎なんかなく、子供部屋の勉強机のような集中できる空間もない。

そんな方が多いのではないでしょうか。

Smau design+では在宅ワークスペースの新設・改修や造作デスクの取付けなど、自宅勤務の環境整備のお手伝いをさせて頂きます。

またウイルス抗菌仕様や除菌仕上げの導入などクリーン化改修もご要望に応じてご提案させて頂きます。

 自宅勤務で困ったこと

急に職場で出勤自粛になり在宅勤務。

さあ、自宅でやるぞ!

そんな中で多くの方が色んな問題点に頭を抱えたことかと思います。

お悩みのお声として多かったのが、

・生活音や家族の声・目線などが気になって集中できない

・机や椅子などが仕事用でないため長時間の作業がしんどい

・テレビ会議などの際、背景の散らかりや見た目が悪い

・ネット環境や設備が整ってないため効率が悪い

・作業スペースが無いためプライベートが混在して集中できない

・書類や機材など仕事用品の収納スペースがない

・子育てしながらのため、育児動線が難しい      etc...

やはり一番多かったのがプライベート空間との線引きが出来ないとのお声。

お子さんが居るご家庭は特に厳しいですよね。

お子さんの通っている学校の休校、幼保育園の休園となるともうお手上げ。

 在宅ワークのポイント

自宅に仕事スペースを作りたいけどどんな場所にどんな事を工夫すれば良いの?​

まず大切なのが空間づくり。

3畳程度の個室を設置するか、家具やスクリーンなどで簡易パーテーションの設置など、子供の目線が届く範囲のリビング横やデッドスペースなど、またキッチン横や家事動線の中核部分にデスクスペースを設けるなどすると使いやすいです。

または寝室の一角にデスクを設置することも良いかと思います。

夜間は就寝場所・昼間は仕事場所と時間で分けることが可能です。

 

【検討するべき6つのポイント】

1.灯りとり用の窓を設けることで2~3畳程度の広さでも快適空間に!

2.自宅内での動線や室相互の動線をチェック!

3.照明計画は慎重に!

(手元灯の設置や調色調光が可能なものを選ぶ)

4.Wi-Fi環境やコンセント位置の確認!

5.収納スペースも少量でも確保する!

6.子育て空間には収納式のデスクスペースを!

 (寝かしつけ時に出して、子供の世話時には格納する)

 ワークスペースの導入例

smau_MG_7086.jpg
smau_IMG_8093.jpg
書斎 在宅ワーク テレワーク

個別相談などお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

またご希望に応じてオンライン相談やLINE相談なども承っております。

お問い合わせ詳細はこちら⇒